「人生が変わる!舌トレーニング」を3年続けてみた

話し方のコツ
話し方のコツ

会話をしていると噛んでしまうことありますよね。

私は、話をしていると噛み噛みになってしまうことがあり、笑われてしまうため恥ずかしい思いをすることもしばしば。

なんで噛むのだろう?と疑問に思って色々と調べてみると、舌の筋肉が衰えていると噛みやすいことがわかりました。

また、舌が衰えていることで活舌が悪くなり、言葉が聞き取りにくくなることもあるのだそう。

これは解決したい!そして行きついたのは「人生が変わる!舌トレーニング」

この「舌トレーニング」をすると、「自信を持って人前ではなせるようになる」「好印象を持たれるようになる」「仕事がうまくいくようになる」「人気者になれる」と良いこと尽くめです。

この舌トレーニングを3年続けた感想と効果をご紹介します。

舌トレーニングのやり方

  1. 口を軽く閉じて、舌を下の歯の歯茎と唇の間に差し込みます
  2. 時計回りに舌を口の中でぐるりと1周回します
    できるだけ大回りに意識するのがポイントです
  3. 時計回り10周繰り返します
  4. 今度は反時計回りに10周行います

トレーニングは、朝顔を洗ったあとに1日1回。時間は20秒ほどで毎日行いました。

普段鍛えられてない舌の筋肉

初めてこの舌トレーニングをやったときは、下あごのあたりが痛くなるほどでした。

普段こんなに舌の筋肉って使っていなかったのかと驚愕したほどです。

でも、これで活舌がよくなり、夢のような人生に変わるんだと信じて毎日継続しました。

そして10日ほど経つと、痛みや疲労も軽減されて舌もスムーズに回せるようになったので、舌の筋肉が鍛えられていることに喜びを感じました。

で、舌トレーニングを3年やって人生が変わった?

舌トレーニングを3年続けて人生がかわったのかは以下の通りです。

「仕事がうまくいくようになる」⇒特に変化はない気がする

「自信を持って人前ではなせるようになる」⇒人前で話すのはやっぱり苦手

「好印象を持たれる」⇒おそらく変わっていない

「人気者になれる」⇒明確に変わっていない

今のところ、人生が劇的に変わってはいません。

3年程度では短すぎるか?それとも舌トレーニング自体に効果がないのか?

どちらなのかは現時点では不明です。

舌トレーニングは意外な効果がありました

人生が変わったと思っていませんが、ムダだったわけでもありません。

意外な効果があったんです。

効果あり:顔のリフトアップ、小顔効果。下あごあたりがシャープになりました。

効果あり:いびきの低減。寝ているときの口呼吸が改善されていびきが抑えられました。

これは「人生が変わった」だろ!と言われれば、確かにその通りではあります。

まとめ

舌トレーニングをしてまだ人気者にはなっていないけれど、当初の目的である「噛んでしまう」ということはかなりなくなりました。

せっかく鍛えた筋肉なので、これからも衰えないようにトレーニングしていきます。

トレーニングは音も出ませんし、どこでもできるので、皆さんもやってみてください。

そして人気者になれたという方はぜひ連絡ください。

広瀬ミノル

2017年に会社を設立。口下手で人見知りな代表取締役です。商談や営業トークは苦手ながら何とかやっています。このブログが私と同じように口下手な人の参考になれば幸いです。ちなみに獅子座のAB型、好きな食べ物はスイカとたけのこ。

広瀬ミノルをフォローする
みのむしブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました