人前で緊張している自分にかける言葉5選

話し方のコツ
話し方のコツ

プレゼンやスピーチなど人前で話す直前はどうしても緊張してしまいますよね。

「上手に話せなかったら」とか「失敗して笑われたら」など、不安で心がいっぱいにいっぱいになってしまいがちです。

でも緊張するのはそのプレゼンやスピーチと真剣に向き合っている証拠。

そんな緊張する状況に果敢に立ち向かおうとする自分にかけてあげる言葉5選をご紹介します。

緊張するのは自然なこと

「緊張する」というと、「緊張してうまく話せない」とか「すぐにあがってしまう」などネガティブなイメージがありますが、人前で話すときに緊張するのは誰にでも起こりうる自然なことです。

程度の差こそあれ、みんな緊張しながら本番の舞台に上がっています。

そして「緊張する」のは決して悪いことではありません。

スポーツでも適度な緊張があった方が良いパフォーマンスができるのだそう。

人前で話すときも同じなのではないでしょうか。

適度な緊張は良い結果を出すために必要なことなのです。

緊張している自分にかける言葉5選

本番前に緊張している自分にどんな言葉をかけるのが良いのでしょうか。

私が独断と偏見で選んだ5つの言葉をご紹介します。

1.「緊張しているなー」

緊張はなくせないのですが、緊張をなくそう、もしくは隠そうとしてしまいがちです。

そうすると不思議と不安は増大していくんですよね。

なので緊張していることを自分で認めてあげることが大切です。

「今、緊張しているなー」と緊張していることを認めて受け入れてあげる。

緊張している前提でどうパフォーマンスを出していくかという方に考えを切り替えましょう。

また「緊張しているなー」と声を出すのも良いです。

自分の状況をより客観視できて冷静になることができます。

2.「楽しもう」

緊張しているとネガティブなことを考えがちですよね。

「手や声が震えてしまう」とか「頭が真っ白になって言葉がでない」とか「ミスをしてしまう」など、緊張していると止めどなく出てきます。

さらに本番は自分の想定通りにいかないことも多いです。

予想外のことが起こる恐怖にも襲われたりしますよね。

でもそんな状況すらも「楽しもう!」というマインドに切り替えると精神的にラクになります。

何が起こっても、そのことを楽しむ。

たとえミスをしても、次に言葉が出てこなくても楽しもうとする心を持つと余裕ができます。

3.「のどを開こう」

良い声を出すにはのどを開くことが大切とよく言われます。

のどを開くことで体にうまく反響し、ラクに良い声が出せるのだそう。

緊張すると、どうしてものどが詰まってしまいがちです。

そうすると声が通りにくかったり、こもってしまったりしますので、のどを開くことを自分に言い聞かせます。

のどが開いた状態というのは「あくび」をしたときの、のどの状態です。

緊張していると、あくびがよく出ますよね。

都合がいいので、そのあくびを利用しつつのどを開くように心掛けましょう。

4.「縮こまるな」

緊張していると、不安や恐怖に襲われるので防衛本能から身体を小さく縮こませてしまいます。

お腹をへこませて猫背で体を丸めてしまいがち。

腕を胸の前で組んだり、足をくんだりしてしまうこともありますよね。

でもそんなときこそ、体を縮こませず、逆に大きく広げてみます。

バンザイをしたり、両足を広げてみたり、お腹や胸を張ったりするのです。

体を大きく広げる効果は、不安や恐怖を小さくできることです。

昔から「病は気から」という言葉がありますよね。

心や気持ちが弱まると、本当に体が病気になってしまうという意味のことわざです。

つまり心が体に影響するということです。

実はその逆もあります。体が心に影響させることもできるんです。

体を大きく広げるときは、「喜び」や「自信」、「力強さ」などのイメージです。

緊張しているときに体を大きく広げると、心に「喜び」や「自信」、「力強さ」をもたらしてくれます。

体を動かして心をコントロールできちゃうわけです。これが意外に効果があります。

体が心に影響を及ぼすことについてはこちを参考にしています。

5.「笑おう」

本番中に笑顔を見せることは大切です。でもその前から笑いをつくると良いです。

人は笑うことで楽しい気分になりますよね。

楽しいから笑っているのか、笑っているから楽しくなるのか、心と体はつながっています。

また、笑うことで体の無駄な力が抜けるのだそうです。

緊張していると体の色々なところ、体の奥などに無意識に力が入ってしまっています。

笑顔にはその無駄な力を取り去る効果があるとのこと。

体がこわばって本番でガチガチになってしまうことを避けられる方法は笑顔ということです。

まとめ

人前で緊張するときに自分にかける言葉をご紹介しました。

どうしてもスピーチやプレゼンなどの本番前は緊張してしまいます。

「緊張する」ことは避けられません。

なので、本番前の緊張をうまくコントロールして、良い結果を出せるような言葉を自分にかけてあげましょう。

広瀬ミノル

2017年に会社を設立。口下手で人見知りな代表取締役です。商談や営業トークは苦手ながら何とかやっています。このブログが私と同じように口下手な人の参考になれば幸いです。ちなみに獅子座のAB型、好きな食べ物はスイカとたけのこ。

広瀬ミノルをフォローする
みのむしブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました