話し方のコツ

話し方のコツ

間を上手にとるには

話をしていて間(ま)を上手にとることができていますか?スピーチや話し方の本を開けば「間が重要」と必ず書いてあります。重要なのはわかるけど、どうやって間を入れればいいのかわからない人も少なくありません。そこで今回は間を上手にとることについてお伝えします。
話し方のコツ

共感される話し方

話をする上で相手に共感してもらうのは大切なことですよね。おもしろい話でも共感されるから笑ってくれたり、スピーチなどでも共感を得られればうまくいきます。でも、どう話をすれば共感されるのかわからずに悩んでいる人も多いのでないでしょうか。
話し方のコツ

アドリブでちゃんと話すことができません

「会議で意見を求められて答えられない」「プレゼンで予期しない質問が来てあたふたしてしまう」「雑談で『何か話をして』と言われて頭が真っ白になる」臨機応変に対応するのって難しいですよね。アドリブができないことを悩んでいる人は少なくありません。
話し方のコツ

思ったことを人前で発言することができない心理

人前で発言するのを遠慮してしまうことありませんか?頭の中で意見やアイデアが浮かんでも発言できずに消化不良になってしまうことがあります。でも、あなたにも発言する資格は十分にあります。思ったことをため込まずに発言するにはどうしたらいいのでしょうか。
話し方のコツ

会話中に相手の反応を期待しすぎてしまう

会話をしていて、自分の話や発言に対しての相手の反応って気になりますよね。笑ってくれたり、共感してくれたらうれしくなります。一方で反応がイマイチだったり、無反応だったら、落胆したり、傷ついてしまうことも。皆さんは話すときに、どのくらい相手の反応を期待しますか?
話し方のコツ

考えをなかなか言葉にできない理由と対策

考えを言葉にするのって難しいですよね。例えば会議で「あなたの考えは?」とか「どう思う?」などと質問されても一言二言ぐらいしか答えられないなんてことがありませんか?答えようとしても頭の中はモヤがかかったようになり、何を話せば良いのか全く浮かばない。
話し方のコツ

オノマトペって会話で使える?

会話には「オノマトペ」を入れると良いとネットや本によく書いてあります。「雨がたくさん降っている」よりも「雨がザーザー降っている」という表現の方が聞き手はわかりやすいというのです。でも実際の会話で「雨がザーザー」などあまり使っていない気がします。
2020.07.04
タイトルとURLをコピーしました